井笠地域とは岡山県南西部の笠岡市・井原市・浅口市・里庄町・矢掛町の3市2町を総称した地域です。

岡山県ではありますが、旧備前国の岡山市をはじめ、同じ旧備中国の倉敷市などを含めた県内の大部分とは明治の府県統合まで異なる歴史を歩んできた地域です。備中国でも笠岡は江戸時代初期は福山藩領であり、江戸時代中期に一時倉敷代官所の管轄となるがあまりに広域にわたり社会制度の差異の大きい地域を統轄する不具合もあり僅か2年後には笠岡代官所が設置され幕末まで独立が続きました。このため文化的にも経済的にも隔たりがあります。

また江戸時代までは主幹道の山陽道が内陸(矢掛町、井原市)を通っており、矢掛町などは参勤交代の宿場町として栄えました。海沿いの笠岡市や浅口市は瀬戸内航路の港として栄え、特に笠岡は天然の良港に恵まれ、笠岡諸島の白石島などは参勤交代の海ルートの陣屋として栄えました。

笠岡市

「笠岡」の地名は吉備氏の一族の「笠臣氏」の勢力範囲であったことに由来するとされる。隅田川・今立川などからの土砂が堆積した堆積平野を基盤に、近世以降は福山藩などによって干拓・埋め立てが行われ現在の市街が形成される。
瀬戸内海の中央で主要な潮待ち港。山陰地方の日本海と山陽地方の瀬戸内海を結ぶ陰陽連絡街道の一部であり、中国山地の東城(現庄原市)と笠岡を結ぶ東城街道も作られ荷揚港の役を果たした。また笠岡市金浦の魚市場から高梁市吹屋地区へ鮮魚を運んだ魚荷道「とと道」の起点ともなった。とと道は魚仲士(うおなかせ)」と呼ばれる運搬役が金浦から矢掛、美星、成羽などを経由し銅の生産で繁栄した吹屋地区までの約60kmをリレー方式で12時間かけて結んだ。鎌倉時代には幕府の御家人である陶山氏、その後村上水軍の支配を受ける。室町時代末期に村上隆重の築いた笠岡城は村上家の村上景広、安芸国(広島県)の毛利元康と引き継がれるが後に廃城となり、江戸時代には福山藩水野氏の領地となる。水野氏は優れた土木技術と莫大な資金を投じ元来平地の少ない笠岡の新田開発を推し進め、灌漑事業、産業育成を行い近代笠岡の基礎を築いた。明治4年(1871年)廃藩置県により笠岡は福山県となるが元徳川譜代福山藩のそしりは免れることはできず深津県・小田県・岡山県と短期間に強引な県名・県域の変更が繰り返され、最終的には明治9年(1876年)笠岡の西端に確定した県境により、広島県に移管された旧福山藩領の大部分から分離させられる事となる。なお小田県時代の県庁は現在の笠岡小学校に置かれ現在も遺構が残る。
中心市街地の笠岡は、真言宗大仙院の門前町として発展。周辺の村々は半農半漁で生計を立てた。近代までは海運業が栄えるが昭和期以降大型船が用いられるようになると、大型船は遠浅な笠岡港に接岸することはできず海運業は廃れていった。戦前までの主力産業は花卉を含む農業と島嶼部の採石業。戦後は備後工業整備特別地域に指定され市内には日本鋼管福山製鉄所(JFEスチール)が誘致され福山市などと共に工業化が進むとともに福山市のベッドタウン化が進む。また新たに造成された広大な笠岡湾干拓地では酪農を含めた農業が発展する。山陽本線、山陽自動車道、国道2号線といった中国地方の主要な物流、交通の大動脈が市内を東西に縦貫している。
岡山県であるが旧備前国の岡山市をはじめ、同じ旧備中国の倉敷市などを含めた県内の大部分とは明治の府県統合まで異なる歴史を歩んできた地域である。備中国内でも笠岡は江戸時代初期は福山藩領であり、江戸時代中期に一時倉敷代官所の管轄となるがあまりに広域にわたり社会制度の差異の大きい地域を統轄する不具合もあり僅か2年後には笠岡代官所が設置され幕末まで独立が続いた。このため文化的にも経済的にも隔たりがある。現在でも東北に50km離れた岡山市や倉敷市などよりも、隣接する福山市の影響が遥かに大きく福山都市圏に属し福山市と緊密に繋がる。戦後は福山市と共に備後工業整備特別地域に指定され工業化が進む。また世界最大級の製鉄所(JFEスチール)が福山市に跨がって造成され福山市が全国1位を誇る粗鉄生産の一翼を担っている。現在は隣接する福山市のベッドタウンである。
しかしながら近年、転出増、少子高齢化による人口減少が非常に早いペースで進み、近隣の井原市、浅口市、矢掛町と比べても非常に人口減率が顕著である。

笠岡市観光協会のHPへ

井原市

井原市は、岡山県の西南部に位置し、西は広島県に接する。中心市街は高梁川支流の小田川の流域の平野部に広がる。市の南は笠岡市に、北は標高200~400メートルの丘陵地帯で吉備高原へと続く。地形的には井原市街地を除いては、ほとんどが山々に囲まれた農山村である。「中国地方の子守唄」発祥の地として知られる。2005年(平成17年)に合併した旧美星町が日本で初めて制定した条例である『光害防止条例』(1989年11月29日制定)を引き継いだ「日本初の対光害専門条例を制定した市」としても知られている。
隣接する広島県福山市とは生活圏・経済圏が一体化し福山都市圏を形成しており、古くから県境にとらわれることのない交流が盛んに行われている。また市街地(高屋)は福山市神辺町(上御領)にかけて連続し敷地が県境をまたがる商店や住宅が見られる。市域は吉備高原にまで及ぶ。市域を大きく分けると、平成の大合併以前の市町域を基に井原・芳井・美星の3つの地域に分けられ、更に井原地域(旧井原市)は、井原・木之子・高屋の3つの地域に分かれ、芳井地域と美星地域を合わせて、5つの地域で構成された市となっている。

井原市観光協会HPへ

美星町観光協会HPへ

浅口市

2006年(平成18年)3月21日に浅口郡鴨方町・金光町・寄島町の3町が合併(新設合併)して発足した。倉敷市と笠岡市に挟まれており、岡山県第2の都市である倉敷市と広島県第2の都市である福山市のベッドタウンとなっている。
市の特色として、岡山県内の市としては面積は最小であるものの、製麺・酒造・植木・制帽・ストロー生産をはじめ古い歴史を持った伝統産業・地場産業を多く抱え、中小企業が多く存在することが挙げられる。また、金光教の発祥地・本拠地としても有名であり、正月や祭事の際は金光教本部周辺は多くの参拝客で賑わう。さらに、温暖で比較的安定した気候であり、天体観測に適した地域であることから、1960年(昭和35年)から岡山天体物理観測所が設置されている。現在、2011年(平成23年)の完成を目指して京都大学、名古屋大学などが共同で国内最大となる直径3.8メートルの望遠鏡を観測所の敷地内に建設している。

浅口市観光協会HP

矢掛町

矢掛町は、矢掛市街地と小田市街地の二つの市街地を持ち、県南西部に位置し、旧山陽道の宿場町で、中心市街地には現在も往時の町並みが残る事で知られる。県下の町村では最も人口が多い。(国民基本台帳、令和2年度)平成30年度までは和気町が最も人口が多かった。ここ数年は若者を中心に観光客を集め、観光地化が進んでいる。
岡山都市圏及び岡山都市雇用圏に含まれており、特に倉敷との繋がりが深い。また、30分程度の距離である福山市への通勤も多い。
町の面積の半分ほどを旧美川村域など、中山間地域が占めており、比較的面積が広い町であるが、人口のほとんどが平野部、特に矢掛、川面、小田に集中し、その他の地域との人口格差が顕著である。
また、川面地区は住宅開発が進み、倉敷や福山圏のベッドタウン化が緩やかにある。また、山田、三谷地区も倉敷に隣接する利便性から若い世代が多く住む傾向にあり、これからの住宅開発が期待される。逆に、中心部の矢掛地区は観光地化が進み、住宅開発は重点的にされておらず、中心部としては比較的高齢化が進んでいる。
近年はホタルの里として東京や大阪の百貨店などに、町内で飼育されたホタルを持ち込み「ホタル展」を行うなどPR活動を行っている。
2021年3月、「道の駅」としてはユニークといえる物販施設を持たない道の駅をオープンさせた。道の駅はあくまで町へのアクセスのポイントであり、町全体が物販施設というものである。

矢掛町観光HP

里庄町

岡山県の南西部に位置する町で、浅口郡に属する。2006年(平成18年)より浅口郡唯一の自治体でもある。倉敷市や広島県福山市に近く、それらの市のベッドタウンとなっている。

TOP